kanposai.gif

 
 

漢方の 彩雲堂は1987年に大阪府守口市にて開業。 和漢生薬を扱う漢方専門の薬局です。 漢方の煎じ薬の調剤を主として、薬草・民間薬・ハーブ等のアイテムを各種取り扱いしております。  

開業当時とはことなり、現在は医療の中での漢方治療が確立されました。売薬中心であった漢方が、保険医療へ移行しているのが現状です。それにともない、彩雲堂でも、当初薬剤師としての漢方相談をメインにしておりましたが、最近では、医師による処方箋調剤が主流になりつつあります。

玉 の牛黄

煎じ薬に保険がきくと言うことは、いまだにご存じない方も多いようです。 煎じ薬の処方箋は、書く医師が少ない上に、いわゆる街の調剤薬局では、まず受け付けてくれません。 一方、いかにも重々しいような漢方の看板を出している店に行っても、これまた受け付けてくれないのです。 古典的な煎じ薬の特殊性の上に、PCが必須のITを要する保険調剤のルールが重なり、文字通り温故にして知新の営業形態が求められます。 さらにいえば、これに採算性が加わり、一般に効率が悪い煎じ薬の調剤は、数がさばけない、手間が掛かる、在庫管理が煩雑ということで敬遠されます。 現場の薬剤師にしても粉塵まみれで行う調剤環境の悪さ、混ぜてしまうと元に戻せないリスクの高さ、何より専門知識の欠如など、ハードルはますます高くなります。

 現在いくつかの医療機関からの処方箋をうけています。 漢方外来を行う医療機関はほとんど予約制だと思いますので、当方でも日時を把握した上、基本的に予約での調剤をお受けします。 受診時に必ず医療機関にFAXを依頼したうえで、薬を取りに来られる日時をお知らせ下さい(彩雲堂FAX 06−6993−1331) 専門のサジがあります

一方、まだまだ根強い、ヨモギやドクダミなどの民間薬も多数扱っております。 ドラッグストアなどで安く求められたもののなかには、原則的な産地の違い、薬効部分の差異など、薬効が期待できないものがあります。似て非なるものをそれらしく売るのはいかがなものかと思いますが、売っている側もそれがわからないのでしょう。 飲んでいるものに疑問を生じたら、ご相談下さい。 混ぜものではなく、単品で質を鑑別できる薬草を選んで飲むのが正統派です。  最近昔ながらの薬草屋さんが、次々に廃業しています。当方はまだ、創業四半世紀ですが、伝統の薬草を後世に伝える役目も担っていきたいと考えております。 

煎じ薬の処方箋調剤について

(2014/02/17)

 

彩雲堂の外観です(開業当時)

薬酒の展示などがあります

調剤室 百味ダンス

相談スペース

 

 

 彩雲堂へのアクセスマップ

 

京阪本線土居駅から歩いて5分(土居の駅前の銀行は現在はマンションです)。   
地下鉄谷町線太子橋今市駅から歩いて10分。   
 お車の場合はNTT電話帳に登録しておりますのでナビでお越し下さい。

 

 営業案内

■ 定休日 日曜・祝日   ■  営業時間  平日AM.10:00-PM.6:00 土曜日 14時まで
■ 駐車場はコインパーキングにお願いします(斜め右前及び左前50メートル)
   ☆ 相談は 予約制です。 公務等で不在の時も多いので、予約のご協力お願いします。
 大阪府守口市馬場町1−4−20 ■ TEL 06-6992-0051 FAX 06-6993-1331

 

羔羊斎古医道研究所(漢方資料室)へ